vol.278
アイテム

花嫁なら知っておきたい ウェディング小物に込められた意味とは?

花嫁なら知っておきたい ウェディング小物に込められた意味とは?

ウェディングベールなどの小物にも、古くから言い伝えられている意味があります。ウェディング小物を選ぶ際に、それらの意味を知っておくことで、ウェディングへの誓いがより一層心に響いてくるもの。そこで、ウェディング小物に込められた意味を紹介します。



ウエディングドレスを選ぶ際に、当たり前のようにセットするウェディング小物。実は、ウェディング小物にも古くから言い伝えられている大切な意味があるのはご存知でしょうか。
ウェディング小物のそれぞれの意味を知っておくと、何気なく身に着けるよりも、一層ウェディングへの誓いや思い入れが深まりそうです。
そこで今回は、ウェディング小物のそれぞれに込められた意味について紹介致します。

ウェディング小物に込められた意味

ウェディングベール

ベール(ヴェール・Veil)とは、女性の顔や頭を隠したり保護したりするための薄い布を指します。ベールの歴史はローマ時代から始まり、もともとはキリスト教の儀式を行う際に、清浄を意味するものとして使用されていました。キリスト教会式の挙式においては、ウェディングベールは花嫁衣装の必須アイテムとなり、以降ヨーロッパでは伝統アイテムとして受け継がれ、今ではウェディング小物として世界中に広まっています。

挙式中に行われる『ベールアップ』の儀式にも深い意味があります。
ベールには魔除けの意味もあります。花嫁を花婿の元へと旅経つ前に、「悪魔や悪霊に邪魔されずに巡り合うべき花婿の元へとたどり着けますように」と願いを込めて、花嫁の母親がベールダウンをします。
そして、花嫁が花婿の元へ無事に辿り着いた時に、ふたりの間に壁となっているベールを新郎が取り払うことで、ふたりが晴れて一緒になれるということなのです。

ウェディングベールは、シースルー素材やレースが使用されており、長さやデザインもさまざまなものがありますが、ベールはトレーンよりも長いものを使い、挙式のみの着用で披露宴にはベールを付けないのが正式とされています。

グローブ

グローブは、ウエディングドレス用の手袋のことで、フォーマルな場において「露出を控えて花嫁を守り清める」という意味と同時に、「けがれのない無垢な状態」を表しています。
挙式中の指輪交換の際にグローブを外す行為には、「今からあなたのものになります」という誓いの意味が込められています。
いっぽうで、19世紀のイギリスでは、「結婚しても家事は使用人にまかせます」という富の象徴としての意味合いもあったようです。

グローブは、サテンやオーガンジー、レースなどの素材でできており、指を全て覆うものがフォーマルなものとされています。

ティアラ

ティアラには、キラキラとした宝石が装飾されているものが多く、その宝石は星空をイメージしたものだと言われています。古来より、重大な決断は星空の下で行われてきたことから、ティアラを頭に載せることは、神聖な星空において愛を誓い、神々から祝福されるという意味が込められています。



ウェディング小物にも、古くからの重要な意味があることを紹介いたしました。
小物を選ぶ際にも、それぞれの意味を理解した上で選ばれると、ウェディングへの誓いがより一層心に響いてくるのではないでしょうか。

期間限定のお得なキャンペーン情報

CAMPAIGN

今がチャンス!特典のプレゼントや特別価格で
お得に撮影できるキャンペーン開催中!